Twitter以上ブログ以下

ただの読み物

創作

城壁と都市

ライトなノベルを書くことは、割りと趣味なのかたまーにしたくなる意欲なのか、好きだ。 大体脳内に壮大な物語が展開しており、それは中学生くらいから脈々と進化し続け、もはや一つの神話体系といっていいだろう。きっと。 そういう人はだいたい設定厨だみ…